新築工事 その③
(基礎工事2)

2020年8月25日

皆様こんにちは。営業設計の佐藤です。
残暑!残暑!残暑!
連日30度!場所によっては35度超え💦の毎日ですがいかがお過ごしですか?

毎年夏休みは実家の福島に帰省するのですが、今年は自粛ムードもあり県内で過ごしました。
初日は趣味の釣りへ八郎潟へ🚤
2日目にかほ方面に行き、元滝伏流水・鳥海まりもで涼み🏔
3日目は男鹿のGAO🐬
4日目は自宅で過ごし夜の大森山動物園
と夏を満喫しました☀

残暑厳しい中、一番大変なのは現場で働く職人さんです!
外部の工事となると直射日光が容赦ありません☀本当にお疲れ様です。

さて、新築工事ですが着々と進んでおります。

 


前回お伝えさせて頂いた配筋をした後、べた基礎のベースとなるコンクリートを流し込みました。(打設といいます)
これにより家の荷重が地面に対し面で接することが出来るため、家全体の重みが分散され地面に伝わりとても安定させることが出来ます。
イメージしやすいのはウィンタースポーツ?のスキー🎿とソリ🛷の違いです。
面積の少ないスキー板(布基礎)よりもソリ(べた基礎)の方が雪に埋もれにくいですよね。
他にも湿気対策や防虫、防草などメリットが多くあります。
べた基礎はライトプラン新築工事の標準仕様となっております。

 


 


 


ベースコン打設の後は基礎の立ち上がり部分の型枠を組み2回目のコンクリート打設です。

昔の住宅はこの立ち上りの高さが殆どない住宅が多く見られます。なので縁側からもそのまま外に出られたりもしましたが、現在の新築は1階の床から地面までは60㎝程ある為ジャンプをするのもためらいます。
新築住宅でリビングから外へ出入りするにはデッキやテラスを設ける必要がありますので、庭などへ直接出入りを検討させている場合はご相談ください。

 


数日コンクリートが固まるまで待ち、型枠を外したら基礎の完成です!

次回はいよいよ上棟です!

ちなみに基礎を造る職人さんは左官屋さんで、その上の木工事をするのが大工さんです。







 

新築工事 その②
(解体~基礎工事)

2020年7月26日

皆様こんにちは。
最近は夜も蒸し暑いですね。
私の快眠方法?は寝る前にエアコンをつけて部屋と体をを寒い⛄と思うくらいまで冷やし、タイマーをセットし毛布にくるまりあったかーい~と。
例えるなら、冬場の布団の中の気持ちよさですね(笑)
基本どんな状況でも秒で寝れる 営業設計の佐藤です。

さてさて新築工事 その②ですが、解体から基礎工事(配筋まで)の様子をおとどけいたします。

今回のような狭い土地だと正直解体工事は大変です。隣家との離れもなく重機を置くスペースもない為、はじめは人力で解体していきます。昔のように重機で一気にとはいかず、素材ごとに分別し廃棄しなければなりません。その分手間と時間と費用が昔に比べかかります。

 


ようやく更地になりスッキリです!
工務の堀田君と地縄張です。実際敷地に対し建物がどの位置に建つかの確認です。

 


写真で分かるとおり南側に通路があるおかげでお隣の影が落ちることがありません。
一番奥の今回リビングが配置される辺りの南側はお隣の駐車スペースとなっている為、季節を問わず陽当りが確保できそうです!
これが今回の敷地の付加価値です。
あくまでも通路はお隣の敷地ですが、このスペースがあることで間口6Mが、間口9Mとなり奥の駐車スペースは6M程の空間がひらけています。
夕方は隣家が西日を遮ってくれる(日射遮蔽)の役目もしてくれます。

話を戻し、この地縄や基礎の段階で多くのお客様は、建物がすごく小さく見え不安に感じることがあります。
「安心してください。大丈夫です!」
今回は着工を前に、工事の安全を願い地鎮祭をおこないました。

いよいよ着工です。
今回の土地は地盤調査の結果、補強工事をする必要がありました。
環境パイル工法(防腐杉杭36本)を地中5Mの支持層まで打っていきます。

 


改良工事完了後は建物の基礎工事の始まりです。
(地盤改良が必要なければここからが着工となります)

 


「やりかた」といって建物の基準となる高さを決めます。
近隣の土地の高さや、前面の道路の高さなどを元にベストな高さを決めなければなりません。あまり高く設定してしまうと玄関までの階段の段数が増えたり、後々おこなう駐車場の土間の勾配が急になってしまうので、よく考えて決めましょう。

ライトプランではべた基礎を標準仕様としております。
べた基礎は家と地面が接する部分全体を、鉄筋の入ったコンクリート面全体で接するので力が分散されとても安定する基礎の一つです。

 


砕石の上にを防湿シートを被せ、配筋をしたのちコンクリートを流し込む。
とても頑丈な基礎となります。
昔のような床下が「土」といった状態ではないので、あとでお話しますが基礎通気パッキンとの併用で、地中の湿気がこもりにくく、カビ、害虫や動物の侵入、草が生えることも無く、とても清潔な状態が保てます。
給排水の一次配管もこの時点でおこないますので、設備機器の位置もしっかり確認しておきましょう!

今回はここまで。
次回も引き続き宜しくお願い致します_(._.)_

 

新築工事 その①
(土地探し)

2020年7月20日

ライトプラン 新築工事

新築工事がスタートしましたのでその様子を少しずつご紹介させて頂きます。

今回は既存の建物がある状態で売りに出されていた土地で計画を進めました。

土地探しから新築住宅を計画する中で、造成された分譲地や既存の建物を解体し更地になった土地は印象良く見えますが、まだ古い住宅が残った土地はそれ故にお客様には良い印象が残らないことがあります。

数か月後にその場所に素敵な新築住宅が建っていると、「あの土地にこんな住宅が建ったんですね」と驚き半分、買えばよかったという後悔半分というお客様と何度かお会いしました。

私たちは解体後その場所に新築を建てた状況がイメージできるのですが、お客様はその機会が少ない為イメージできなくて当然です。

なので今回は、そんな家づくりをご紹介できたらと思います。

 


今回売りに出されていた土地は、築40年程の空き家。道路・隣地共にギリギリまで建っており駐車場はございません。

 



 



 



間口は6Mと、いかにもイヤイヤイヤイヤ💦となりそうな売地です。
ただ、ここから徒歩数分のところにある分譲地の半値で購入可能!
購入するのはこの空き家ではなく、この敷地と立地条件の付加価値です。

分譲地はイメージしなくても周りに既に建っている住宅を見れば何となく想像は出来ます。私達も紹介するのが容易です。

イメージできるかが大事です!
私たちがイメージできている新築住宅をお客様と共有できるように私たちは出来る限りの見える化をおこないます。経験と設計力の見せどころです。

 


今回キーとなったのは南側にあるお隣の私道と奥にある駐車場です!

次回は解体~更地をお伝えしたいと思います。
お楽しみに!

ライトプラン
佐藤

 

新入り✨

2020年6月12日

こんにちは(*'▽')
気が付けばもう6月・・・。
早い・・・。
あっっ!!!という間に月日が過ぎていくので、追いつきません色々と💦笑

そんな我が家に新入りが加わりました🐕
とあるお店のUFOキャッチャーでまさかの300円でGETできた大豆さん6号です!!!
(※お知らせのトップ写真に写っている子)
(※柴犬のぬいぐるみ6体目🐕笑笑)

というのはまぁ余談で・・・笑
本当に新入りが加わりました😲

 


最中(もなか)です♡女の子です!
大豆さん、兄になりました( ´艸`)

最中さんは大豆兄ちゃんが大好きです!!
すぐ大豆兄ちゃんについていく笑
そして何でも真似っこ☆

 


そして毎日激しいプロレス笑笑

 


これはまだかわいい方…もっとすごいけど載せられない💦笑

からの、疲れたらひと眠り…💤

 



ようやく大豆さんも落ち着いてきて平穏な日々を過ごしておりましたが、
またドタバタ子犬生活が始まりました笑笑

1~2年後には大豆さんに妹が欲しかったのですが、かなり早まったな~(;^_^A

いろいろと大変ではありますが、癒しも2倍になって、
毎日大豆さん🐕と最中さん🐕には笑いをもらってます(≧▽≦)

これからも登場すると思うので(というか私は犬しか載せたことがない💧爆笑)
どうぞこれからもお付き合いのほどよろしくお願いします🐕🐕👩

 



 

6月号月刊「エー・クラス」に掲載されてます☆彡

2020年5月28日

皆さんこんにちは。佐藤(由)です。
先週までは雨多く続き寒い日が続きましたが、ここ最近は半袖シャツでも過ごせそうな初夏の陽気が続いておりますね。
私は夏に向け子供達と朝顔の種まきをしました。
果たしてちゃんと芽が出てくるのか・・・心配💦

 



毎月今頃各家庭に配られる「エー・クラス」ですが住宅特集ページがあります。

 



ライトプランではリノベーションをおこなって頂いた秋田市のM様宅をご紹介。

 



ライトプランの強みは、新築とリフォーム&リノベーションの両方をおこなっているところです。

最近、外出自粛ということもあり住宅会社や設計事務所(どちらも県外)のYouTubeをみて情報収集に活かしているのですが、「新築だけ」・「リフォームだけ」といった偏った設計施工をおこなっている会社より、両方をおこなっている方がより良い提案が出来ると感じております。

例えば、リフォームやリノベーションのご依頼を受ける中で、築年数に関わらず設計や施工上の問題で住宅が朽ちている家があります。
とても古いお家でも構造材がしっかりしている家もあれば、まだ築浅なのに解体を進めると湿気が酷く木材が朽ちている家もあります。
このような現場を見ることで、新築住宅を手掛けるときに施工時はもちろん設計段階で無理なおさまりになる箇所がないかなど注意することが出来るようになります。

またその逆もあり、近年の新築住宅の性能を知ったうえでリフォーム工事に携わるのと、分からずに工事を進めるのではその提案内容にも差が出ます。

住宅は完成して終わりではなく、安心して住み続られる家でなければならないと考えております。その基本があったうえで、おしゃれなデザインや機能的な住宅設備があり、その家での生活をより快適なものにしていくのだと改めて感じたこの自粛期間中でした。

 

<< 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 >>